美しいボディに変身できる|信頼できる美容整形外科選び

採取した脂肪を注入

バストを測るウーマン

美容効果と安全性の高さ

豊胸手術は、シリコンや生理食塩水の入った袋をバストに入れるという方法がよく知られています。それに加えて昨今では、脂肪を注入するという方法でもおこなわれるようになっています。これは、患者の他の部位から脂肪吸引によって採取した脂肪を、バストに注入するという豊胸手術です。これによりバストが大きく膨らむのはもちろんですが、脂肪吸引をした部位は細くなります。たとえば二の腕や太ももを細くしながら、バストアップすることができるのです。この差により、バストの膨らみは一層美しく見えるようになります。また、もとが自分の脂肪ですから、体になじみやすく安全というメリットもあります。美容効果と安全性の高さから、この方法での豊胸手術を希望する人は増えています。

より効果の高い方法へ

この方法での豊胸手術では、以前は採取した脂肪が、ほぼそのままの状態で注入されていました。ところがその場合、質の悪い脂肪細胞がうまくバストに定着せず、しこりとなってしまう可能性があります。そのため現在では、質の良い脂肪細胞のみをチョイスして、バストに注入するという方法でおこなわれるようになっています。定着しやすい脂肪細胞のみが注入されるのですから、手術後のバストは良い状態を保ちやすくなります。また、質の悪い脂肪細胞を除去する分、採取した脂肪の総量は少なくなります。そのため十分にバストアップさせるには、より多くの脂肪を採取する必要があります。それはつまり、脂肪吸引による痩身効果が高くなるということです。このように、脂肪注入による豊胸手術は、より効果の高いものへと進化してきているのです。